複数ある借金を一か所にまとめて借り換え、返済を行うおまとめローンのサービスの人気が高まっているといわれています。このサービスでは新しく現金を借りるわけではないのですが、返済しなくてはいけないお金を違う会社で改めて借りるため、審査を受けなくてはいけません。


審査にかかる時間

おまとめローンでは、まとめたいローンの金額などを併せて審査に出します。しかし、金額によっては本人確認書類のみで借りることのできる可能性もあります。審査では過去の信用情報や、現在の債務の数、金額などをトータルで確認しているそうです。会社によって、かかる時間や審査基準などはちがいますが、多くの会社では審査から連絡までに、だいたい1週間程度かかるそうです。場合によっては1か月を必要とする場合もあると言われています。


焦らないで審査を待ちましょう

おまとめローンの審査の結果がこないことから、いくつもの会社の審査を受けてしまうと、どこの会社の審査も通らないということが考えられます。これは一般的に申し込みブラックと呼ばれているものです。消費者金融などは融資の審査を申し込んだ時点で信用情報に記録されます。融資がされなくても、審査の申し込みをしたという記録となるのです。この申し込みがいくつも重なってしまうと、審査の結果を待つ余裕もないとマイナスの判断へつながってしまうと言われています。

銀行の金利は一様に低く、その分審査は貸金業者などに比べ、かなり厳しいのは事実です。しかし以前ほどではなく、「案外柔軟だった」と言われているのも銀行です。銀行は個人行け融資に積極的ではありませんでしたので、審査が厳しい傾向にあったのです。しかし近頃では個人向け融資にも積極的になっていますので、そのような傾向にあるのです。おまとめローンに関しても、まずは銀行に申し込んでみるというのが、金利負担などを考えると有利です。


<銀行のおまとめローン>

銀行が以前、個人向け融資には積極的ではありませんでした。しかし銀行も利益のためには個人向け融資を行わなくてはならなくなったのです。しかしそのノウハウはありません。そこで銀行は消費者金融との提携によって、個人向け融資のノウハウを手に入れる事となりました。消費者金融側は提携によって潤沢な資金を手に入れることとなったのです。このようなギブアンドテイクによって銀行も個人向け融資に乗り出すことが出来ました。おまとめローンなどの保証会社に消費者金融が付いているというのは、そのためです。銀行の審査が思ったよりも柔軟だったと言われる要因はそこにあり、おまとめローンについてもその傾向にあります。

コンビニのATMなどでいつでも気軽にお金が借りられる便利さから、あちこちからお金を借りてしまい、毎月いろいろな所に返済しなくてはならなくなっている人は少なくないようです。そんな方にお勧めしたいのがおまとめローンです。


<バラバラに返していくのは大変だし高金利です>

改めて特別な手続きをしなくてもクレジットカードにあるキャッシング機能を使えばコンビニなどのATMで簡単にお金を借りることができます。そんな気軽さや便利さから、つい何度も色々な所からお金を借りてしまい、月々複数の返済を行っている人はいませんか?それぞれの返済額は少なくてもいくつも続けば負担は大きくなりますし、管理も大変です。おまとめローンを使わずにそれぞれの借り入れに対してそれぞれ利息を祖払っていくのは、とても高い金利で払っているのと同じことになってしまいます。


<複数の借り入れを借り換えてまとめると>

あちこちに分散した借り入れの返済日もバラバラだと管理するのも面倒ですし、うっかり忘れてしまう危険性も高まります。それらの借り入れの残高を、金利の低い一か所の借り入れ先から再融資を受けるなり新たな銀行などからの融資で完済し、その後の返済はその借り換え先のみとすることをおまとめローンと言います。バブル経済崩壊後、悪質な業者が横行した時期もありましたが、最近は銀行などがおまとめろーんに積極的に参入していますので、利用するのも安心になりました。

現在皆さんの中にはおまとめローンを利用されている方もいらっしゃるかとは思いますが、おまとめローンって何?という方もいらっしゃるのではないかと思います。
おまとめローンとは、借入先をひとまとめにして返済を行なっていくことで金利が低く設定されているのが特徴です。
ですので、月々の返済額を減らすという目的があります。
おまとめローンに切り替えることで確実にそして計画的に返済していくことが出来るかと思います!


<おまとめローンの審査って厳しいの?>

これは人によって変わってくるかと思いますのでなんとも言い難いのですが、確かに他と比べてややそうなっているのかもしれませんね。
ですが、それはきちんと確認をしているという事ですので仕方がないのかもしれません。
余程のことが無い限り、比較的多くの方が問題ないかと思いますのであまり不安に思う必要はないのだと思います。
前もって調べておくのも良いかと思いますし、問い合わせにて質問してみるのも良いかと思います!


<返済を早く終わらせたい!>

おまとめローンを利用している方の中には早く返済をしてすっきりしたい!と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな時はいつもより少し長く働いてみたり副業をしてみますとか、そういった方法が良いかと思います。
また、携帯電話のプランを見直してみますとかキャッシングなどについて調べてみるのも良いかと思います。
ですが焦りすぎてご自分の身体や精神を壊さないようにして下さいね!

消費者が債務超過にならないように定められた法律のひとつに、総量規制というものがあります。個人への融資額は、年収の3分の1を超えてはいけないというものです。借金の審査に受かるかどうかの基準のひとつに、ここを理解しているかどうかということがあるようで、借入希望額が収入に見合っていないと判断されれば、申請は却下されてしまいます。ただし、おまとめローン目的で借りる場合は例外と成り得るという判断になり、総量規制の範囲でない可能性もあるので、必ず「おまとめローンで」と担当者に伝えましょう。


<おまとめローンの審査とは>

おまとめローンが審査を通りやすいということは決してありませんが、おまとめローンを目的に借入をしたいという旨を伝えれば、審査に通りやすくなるということです。勤続年数は審査の際に重視されるポイントのひとつですが、3か月未満、6か月未満では通る可能性はほとんどありません。また金融事故といっていわゆるブラックリストに載っている金融事故者と言われる人、あるいは短い期間であちこちの金融機関に借入を申し込む申し込みブラックと呼ばれる人も、審査には通らないでしょう。心当たりのある方は、審査の前に一度調べてみてはいかがでしょうか。

まだ若いのに借金が沢山ある人いませんか? 沢山の会社がから借り入れしていて、毎月返済のことしか頭にないなんて人きっといるのではないでしょうか。それでは未来は真っ暗ですよ。結婚だってしたいでしょう。結婚するのに借金があるなんて、口が裂けても言えません。でも複数の会社から借り入れして、返済するのもいっぱいいっぱい、なんて人に朗報です。あなたの未来を明るくしてくれるサービスが実はあるのですよ。


<おまとめローンで明るい未来>

そのサービスがおまとめローンです。複数から借り入れしてしまっていた借金を一つにまとめて、返済が楽になるサービスなのです。これを利用するだけで、あなたの未来は明るく輝きます。


<何が楽になるのか>

まずは、返済日が一回になるので、返済日に追われることがありません。そして一つにまとめることで、支払う利息が減り、完済時で考えたらだいぶ返済額が減ることになるでしょう。また、毎月の返済金額も減り、毎月の生活に余裕が出てきます。生活に余裕が出来れば、彼氏彼女との時間も沢山とれます。返済が早く終われば、結婚も夢じゃありませんよ。結婚がしたいけど、借金が沢山ある、そんな人は是非おまとめローンを利用してみてはいかがでしょうか。

おまとめローンのメリットは金利が安くなるということだけではありません。実は、返済が滞ってしまうというリスクが軽減されているという所がかなりのウェイトを占めています。金融商品でトラブルを起こす前に、まずはおまとめローンに変えてみませんか?


おまとめローンで返済ラクラク

カードローンやキャッシング、クレジットカードなどの金融商品でのトラブルは、他の領域にまで悪影響を及ぼしかねない大きな問題です。たとえば、クレジットカードの支払いを数日遅れてしまったのが原因で、住宅ローンが組めなかったという例もあります。同じように、キャッシングやカードローンでも返済が遅れてしまうと、他の金融商品が利用できなくなってしまうリスクがあります。そこで、複数の借入れがあるのなら、おまとめローンにすることで、返済額や返済日がすっきりして返済がらくになり、トラブルを起こすリスクが少なくなります。


返済を延滞してしまうとどうなるのか

万が一返済が遅れてしまうと、遅延損害金が発生するだけではなく信用情報機関にトラブルの履歴が残ってしまいます。この履歴は、最大で5年間保持されるだけでなく、その期間は他のローンが組めなくなったり、クレジットカードを新しくすることが難しくなるので、注意しましょう。

おまとめローンのメリットは敢えてここで言うまでもなく、借入金を1つにまとめることで利息を減らせるということです。意外と毎月払っている利息というのは高額になっているもの。それらを一本化することで無駄な出費を減らせる様になるのです。そのメリットについては散々色々なところで語られているので、ここでは別の角度からおまとめローンの魅力を探っていきたいと思います。


おまとめローンで返済日もひとまとめ

借入を一本化させることで、それまでは1ヶ月に複数あった返済もひとまとめにすることができます。「たったそれだけのこと?」と思うかもしれませんが、月に何回も返済日があってその度に銀行やATMへ行くというのは意外と大変です。大した労力ではないかもしれませんが、返済箇所が多いほど返し忘れる可能性も高くなりますし、返済の度にかかる手数料も馬鹿になりません。返済日がいくつもあるというのは、非常にコストパフォーマンスにおいて劣っていると言えるのではないでしょうか。


借入の一本化でコストとリスクを減らす

利息が減ること以外にも、返済日も月に1度にまとめることで上記の様に様々なコストとリスクを減らすことができるのです。返済日を忘れずきちんと返していくことで業者との間に信頼関係も生まれ、何かまた困った時に頼りやすくなります。効率的に早い段階での完済を目指しましょう。

複数の借り入れを一社で借り換えるおまとめローンが人気だそうです。おまとめローンサービスを活用することで借金の返済を毎月、何度もしなくていい、借り換える利息を安くすることで金銭的な負担を軽減できると言われています。


おまとめローン選びのコツ

おまとめローンでは、まず金利に注目をしたいものです。今よりも安い金利のローンに借り換えることで、支払金額そのものを軽減することも、このローンの大きなメリットです。そのために、まずは今、自分がまとめたいと考えているローンの金利や支払総額などを計算してみましょう。借り換えることで毎月の返済金額がいくらになるのか、どのくらい金銭的な負担が減るのかを確認してみましょう。複数の借金の中で、金利が高いものだけを選んで借り換えるということももちろん可能です。金利の折り合いがつかない場合、今のままのほうが安いローンだけは今のまま返済を続けることなども頭に置いて、しっかりと計算をしてみましょう。


ココロの負担になっている人もいる

借金がいくつもあることが、精神的に大きな負担になっている人もいるかもしれません。このような場合は、何社かの金利が高くなってしまっても、すべての借金をまとめてしまったほうがいいそうです。複数あるという事実で心が疲れてしまっているので、一社にまとめて、一つの借金を返す形にすることで精神的に楽になる人もいると言われています。

いくつかある借金を、ひとつの会社で借り換えてローンの返済を一社にまとめるローンをおまとめローンと呼んでいます。返済の負担を軽減されるだけではなく、金利によっては利息を安くすることができる可能性もあるなど、多くのメリットがあります。


利息が安くなる理由

おまとめローンを利用すると利息が安くなると言いますが、この理由をご存知ですか?まず利息は利息制限法という法律で上限が定められています。10万円以下の場合は上限が20パーセント、10万円以上、100万円未満では上限は18パーセント、100万円以上の場合は上限が15パーセントです。この利息は値段が高くなればなるほど安くなるようになっています。つまり、おまとめローンを利用して50万円のローンを3つ利用した場合、上限金利は15パーセントとなるのです。


低金利で借り換えるには信用が大切

低い金利で借り換えることで、利息を安く抑えるという目的もおまとめローンにはあります。つまり、金利が低いところで借りることが最大のポイントと言えるのです。自分が今支払っているローンの金額や金利などをしっかり確認しましょう。3つのうち1つの会社だけ利息は今のままのほうが安い、という場合などであれば、1社だけはまとめないなどの工夫をすることで負担を減らして、借金を返済することが可能です。

おまとめローンとは、いくつかある借金を一つのローンへ借り換え、返済の手間を軽減することのできるサービスです。おまとめローンは実際に現金を借りるわけではありませんが、新しい融資プランで、今ある債務を返済することから、審査が必要となります。


おまとめローンで利用する情報

おまとめローン審査では、審査のときに氏名、年齢、住所、年収の自己申告などと一緒に信用情報という情報を利用します。この情報は過去のお金の貸し借りなどを記録してあるものです。返済の遅延やストップなどの記録も残されています。自分のお金の歴史のようなものです。この情報を基に、おまとめローンを扱う会社では、ちゃんと返済を行ってくれるかどうかなどを判断します。全く知らない相手に無条件に貸すわけにはいかないからです。


過去半年に事故がある人は気を付けよう

返済の遅延などを、事故情報と呼んでいます。期日通りに支払いをしなかった、請求がきたのにまだ返済しなければいけない借金を支払っていないなどの情報です。おまとめローン審査では、このような事故情報が過去3か月や半年以内にあると、審査が通りにくいと言われているそうです。審査の基準は会社で全く違いますが、近い時期に事故がある場合、少し審査を待つなどの工夫をしましょう。また事故情報にならないよう、万が一、返済が遅延することが事前に分かっていれば、その連絡を行うようにしましょう。